Windows 10 システム構築 備忘録

公開:2015/09/09
追記:2015/10/13

この記事は Windows 7 Professional から Windows 10 Professional にアップグレード時に関わる手順などの備忘録です。 現在、資料整理が出来ずに投稿半ばですが・・・ 取りあえず公開致します。

一般用備忘録

Windows 10 アップグレード条件
 ・無料アップグレード期間:2015年7月29日から2016年7月28日 1年間
 ・対象OS:Windows 7 SP1 / Windows 8.1
 ・システム要件:
  CPU 1GHz以上
  MEMORY 32bit:1GB 64bit:2GB
  HDD 32bit:16GB 64bit:20GB
  Graphic DirectX 9 (WDDM 1.0)
  Display 800 x 600
Windows 10 仕様
 ・システム要件
 ・重要な注意事項
 ・削除される機能
 ・特定の機能を利用するための追加条件
 ・エディション別のアップグレード
 ・Windows 10 がサポートする言語
Windows 10 アップグレード予約
 ・Windows Update により[KB3035583] が自動インストールされる
 ・タスクバーに「Windows 10 を入手する」アイコンが表示される
 ・「無償アップグレードの予約」をクリック
 ・予約確認を受け取る場合はEメールアドレスを入力する
 ・バックグランドで Windows 10 が徐々にダウンロードされる
 ・アップグレード可能になったタイミングで通知される

管理用備忘録

Windows 10 アップグレード予約 削除方法
 ・タスクマネージャ[GWX]タスク終了
 ・「コントロールパネル]→ 
  [プログラムのアンインストール] → 
  [インストールされた更新プログラム]クリック
 ・[Ctrl]+[F]キー または [検索窓] クリック → 
  [KB3035583]入力 → 
  [アンインストール]する
 ・Windows Update で再びインストールされないようにする
  [KB3035583]を右クリック → 
 「更新プログラムの⾮表⽰」クリック

複数台のPCに Windows 10 をクリーンインストールや再インストールの作業を行う場合に、USB フラッシュドライブ や DVD に Windows 10 インストールメディアを作成手順。

Windows 10 のダウンロード 
必要な条件
 ・安定したインターネット接続
 ・十分な空き領域がある コンピューター / USB / 外部ドライブ
 ・メディア作成:4 GB 以上空き領域 USB または DVD
 ・Windows プロダクト キー (xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx)
 ・Enterprise エディションはボリューム ライセンス サービス センター
メディア作成ツール ダウンロード
32ビットバージョン64ビットバージョン
Administrator アカウント 障害
Windows 10 は[Administrator]セキュリティポリシーが変更されている
Windows 7 引継アップグレード時の [Administrator] で障害が起こる
・NIC初期設定で障害が生じNICが認識されない
・Windows 10 純正ブラウザ [Microsoft Edge] にアクセス出来ない
Administrator アカウント セキュリティポリシー変更
・「ローカルセキュリティポリシー」→ 
・「セキュリティ設定」→ 
・「セキュリティオプション」→ 
・「ユーザーアカウント制御:
  ビルトインAdministratorアカウントのための管理者認証モード」 → 
・「無効」→ 「有効」に変更
・「再起動」
不可視作業フォルダ$Windows.~BT$Windows.~BT
 アップグレードシステム
・$Windows.~WS
 インストールメディア
・Windows.old
 旧Windowsシステム







削除方法
「ディスク クリーンアップ」
「一時 Windows インストールファイル」
ディスククリーンアップ

2015/10/12 (アメリカ時間) 公開
参照サイト:[Announcing Windows 10 Insider Preview Build 10565]
Windows 10 Insider Preview [Build 10565]

  • Build 10565 イメージ Windows 10 メディアでのクリーンインストール実行後に Windows 7 / 8 / 8.1 プロダクトキー入力でアクティベート可能に仕様変更されたようです。