Adobe Flash Player 脆弱性 2015/06/24

更新日:2015/06/25

IPA情報セキュリティ参照
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-14)(CVE-2015-3113)

概要
アドビシステムズ社の Adobe Flash Player に、ウェブを閲覧することで DoS 攻撃任意のコード(命令)を実行される可能性がある脆弱性(APSB15-14)が存在します。

対象
Adobe Flash Player 18.0.0.161 と以前のバージョン (Windows版/Macintosh版)

既に、当該脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報があるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。