Windows 10 for Raspberry Pi 2 備忘録

2015/05/02

Microsoftが7月にリリース噂の製品版 Windows 10ですが・・・ Windows 8 以降負け込んでいる Microsoft 製品群の巻き返しに急ピッチで開発が進められています。

2015/04/30 Windows 10 Pro Insider Preview 日本語版 Build 10074 ISO ダウンロードサイトがリリースされました。 Windows Developer Program for IoT にはクレジットカードサイズの ARM Core Base SoC ワンボード Raspberry Pi 2 Model B 対応OS Windows 10 を無料提供されました。

Raspberry Pi 2 専用 SDカードブートイメージファイルで提供され Windows 10 for Raspberry Pi 2 SDカードシステム作成には Windows 10 のマシンが必要です!

結果から申しますと・・・
VMware Player 7.1.0 (非営利目的の利用のみ) に Windows 10 Pro Insider Preview 日本語版 Build 1007 ISO ファイルで仮想PCを構築しRaspberry Pi 2 のWindows 10 起動用 SDカードを作成できます。

  • VMware Player 7.0 ダウンロード
  • VMware Player 7.0 インストール
  • Windows 10 Insider Preview ISO ダウンロード
  • VMware Player 7.0 に仮想PC Windows 10 Insider Preview 構築
  • Windows 10 IoT Core Download ログインする
  • Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2 クリック
  • Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip ダウンロード
  • 解凍し SDイメージ [Flash.ffu] を Windows 10 デスクトップへコピー
  • カードライターに8GB SDメディアを差し込む
  • 管理者モードでコマンドプロンプトを起動する
  • c:\Users\xxx\>CD c:\Users\xxx\Desktop #デスクトップへ移動
  • c:\Users\xxx\Desktop>diskpart
  • DISKPART> list disk #SDディスク番号を記録する
  • DISKPART> exit #DISKPARTを終了する
  • C:\Users\xxx\Desktop>dism.exe /Apply-Image /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive? /SkipPlatformCheck #?位置ディスク番号
  • 実行メッセージ
    展開イメージのサービスと管理ツール
    バージョン: 10.0.10074.0
    Applying image
    [================100.0%================]
    操作は正常に完了しました。
    C:\Users\webject.net\Desktop>
  • 書込済SDカードで Windows 10 for Raspberry Pi 2 を起動する

【追伸】
運悪く・・・ 私の Raspberry Pi 2 は電源が入らない初期不良品で起動出来ませんでした。(T_T) ゴールデンウィークで製品交換処理は休み明けで動作検証はその後のお楽しみ致します。