Java SE 7 の危険性

2015年4月30日にオラクルコーポレーションが提供している「Java SE 7(Java Platform, Standard Edition 7)」の公式サポートが終了します。公式サポートが終了すると、新たな脆弱性が発見されても、アップデートが提供されなくなります。 アップデートが提供されなくなると、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなります。利用者には、速やかなバージョンアップの実施が求められます。

2015/04/14 リリース Java Version 8 Update 45 最新版を ダウンロード アップグレードをお薦めします。

詳細はIPAサイト「公式サポートが終了する Java SE 7 の利用者に向けた注意喚起」をご覧ください。